Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、同行の即時振替に対応した外部決済サービスのうち、連携時に2要素認証を実施していない10社について、新規の口座登録やチャージを一時停止する。

同行と決済サービスを連携させる際、同行サイトへ遷移後に本人認証を行うが、契約によって認証方法が異なり、2要素認証を導入していないサービスについては、新規の口座登録や口座変更、チャージについて、準備ができ次第、順次停止する方針。

被害が確認され、すでに停止している「ドコモ口座」「Kyash」にくわえ、あらたに2要素認証に未対応である「支払秘書」「PayB」「PayPal」「PayPay」「メルペイ」「ゆめか」「LINE Pay」「楽天Edy」を追加し、あわせて10社のサービスが対象となる。

同行では12社とサービスを連携しており、のこる「pring」「FamiPay」については「記憶」と「所持」による2要素認証を行っているとして、新規口座登録やチャージなどのサービスを継続する方針。

(Security NEXT - 2020/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
「ドコモ口座」経由の不正チャージ - 125件2842万円の被害を確認
「ドコモ口座」被害申告、先週末に引き続き本人利用など判明
ドコモ口座の被害申告、一部が本人利用と判明
ドコモ口座の被害申告、前日比2件増となる249件
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に