Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀

頻繁に通帳の記帳に行けない場合や、スマートフォンで残高確認ができない人も多く、気づくのが遅くなり、被害がさらに拡大する可能性があるとし、金融機関において利用者目線に立ち、被害状況の確認に努めてほしいと対応を求めた。

ゆうちょ銀行の即時振替サービスに対応している決済サービスは、「支払秘書(ウェルネット)」「ドコモ口座(NTTドコモ)」「Kyash(Kyash)」「PayB(ビリングシステム)」「FamiPay(ファミマデジタルワン)」「pring(pring)」「ペイパル(PayPal)」「PayPay(PayPay)」「メルペイ(メルペイ)」「ゆめか(ゆめカード)」「LINE Pay(LINE Pay)」「楽天Edy(楽天Edy)」の12サービス。

(Security NEXT - 2020/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀