Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院

可児とうのう病院は、同院健康管理センターにおいて、派遣職員が個人情報が記載された台帳を自宅に持ち帰り、一部を家庭ゴミとして廃棄していたことを明らかにした。

同院によれば、院外健診の予約台帳を派遣職員が自宅に持ち帰っていたことが、9月3日に判明したもの。対象となるのは、6月7日から8月31日に実施した33事業所の1351人分。氏名や性別、年齢、事業所名、健診主コースなどが記載されている。

不正な持ち出しの判明後、同院では予約台帳を回収したが、同職員が7月下旬に一般可燃ごみとして廃棄したと話しており、11事業所600人分を含む一部台帳を回収できなかったという。

同院では対象となる事業所と対象者に対して経緯を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
業務で入手した個人情報で電話した職員を処分 - 郡山市
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県