Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県

宮城県教育委員会は、保護者の個人情報を私的に利用し、保護者に精神的苦痛を与えたとして、特別支援学校の教員を減給処分とした。

同県教委によれば、同教員は2019年12月20日ごろに児童の住所とその保護者の氏名、電話番号を私的な目的で校内サーバから入手。2020年1月から2月にかけてこの保護者にショートメールを送り、繰り返しイベントに誘ったうえ、断った保護者に対して電話で再度誘うといった行為を行っていたという。

保護者が別の教職員に相談したことで問題が発覚。同委員会では今回の問題を受け、同教員に対し、9月8日付けで減給3カ月とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2020/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設