Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県

宮城県教育委員会は、保護者の個人情報を私的に利用し、保護者に精神的苦痛を与えたとして、特別支援学校の教員を減給処分とした。

同県教委によれば、同教員は2019年12月20日ごろに児童の住所とその保護者の氏名、電話番号を私的な目的で校内サーバから入手。2020年1月から2月にかけてこの保護者にショートメールを送り、繰り返しイベントに誘ったうえ、断った保護者に対して電話で再度誘うといった行為を行っていたという。

保護者が別の教職員に相談したことで問題が発覚。同委員会では今回の問題を受け、同教員に対し、9月8日付けで減給3カ月とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2020/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府