Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県

群馬県は、同県と前橋市が実施するPCR検査において、申込書が第三者へ送信されたことを明らかにした。

同県によれば、接待をともなう飲食店に勤務する人を対象としたPCR検査を実施するにあたり、希望者の取りまとめる各店舗に送付した実施案内の記載に誤りがあったもの。

検査申込書に記載された送付先である同県保健予防課のファックス番号に誤りがあり、2店舗の検査申込書が無関係の第三者に送信された。

送信された検査申込書には、検査希望者10人分のカタカナ氏名、性別、年齢、居住する市町村名、携帯電話番号、職種、検査会場を訪れる際の車種などが記載されていたという。

8月23日、誤送信先となった受信者が受信したファックスを県庁に持参したことで問題が判明。同日、対象となる2店舗に電話で謝罪した。またPCR検査の実施案内を送付したすべての店舗に謝罪と訂正に関する文書を配布。連絡が取れた店舗に訂正と配布文書の確認を依頼した。

(Security NEXT - 2020/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当