Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県

群馬県は、同県と前橋市が実施するPCR検査において、申込書が第三者へ送信されたことを明らかにした。

同県によれば、接待をともなう飲食店に勤務する人を対象としたPCR検査を実施するにあたり、希望者の取りまとめる各店舗に送付した実施案内の記載に誤りがあったもの。

検査申込書に記載された送付先である同県保健予防課のファックス番号に誤りがあり、2店舗の検査申込書が無関係の第三者に送信された。

送信された検査申込書には、検査希望者10人分のカタカナ氏名、性別、年齢、居住する市町村名、携帯電話番号、職種、検査会場を訪れる際の車種などが記載されていたという。

8月23日、誤送信先となった受信者が受信したファックスを県庁に持参したことで問題が判明。同日、対象となる2店舗に電話で謝罪した。またPCR検査の実施案内を送付したすべての店舗に謝罪と訂正に関する文書を配布。連絡が取れた店舗に訂正と配布文書の確認を依頼した。

(Security NEXT - 2020/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も