Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所

奈良県は、内吉野保健所において、新型コロナウイルス感染症のPCR検査受診者の個人情報を医療機関へファックス送信する際、誤って第三者へ送信するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、7月15日15時半過ぎ、職員の操作ミスにより、PCR検査受診者の個人情報1件が、無関係の個人宅へファックスで送信してしまったという。

翌16日に担当者へ連絡があり、誤送信が発覚。同日、誤送信先を訪問して謝罪するとともに、誤送信したデータの削除を確認。関連する受診者に対し、電話で説明と謝罪を行った。また同県では、保健所においてファックスの登録番号にミスがないか、再点検などを行っている。

(Security NEXT - 2020/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県