Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、組織における暗号鍵の設計や運用におけるセキュリティレベルを評価するサービスを提供開始した。

「暗号鍵の設計・運用に関する評価支援サービス」は、組織において暗号鍵の生成から輸送、導入、廃棄までのライフサイクル全体を評価するサービス。

具体的には、対象システムに関するヒアリングのもと、評価の対象範囲と項目を決定。仕様書や要件定義書、設計開発資料、運用ルール、手順書などを参照し、セキュリティ対策の実施状況について分析する。

さらにシステム担当者に対してヒアリングを行うほか、物理的な施設などの現地調査を実施して、対策状況とリスクの評価を行う。

評価項目には、「システム全体設計」「鍵生成」「鍵配送、輸送」「鍵導入」「鍵利用」「鍵保管、廃棄」「機器運用管理」「物理セキュリティ」の8分野で約230を用意。評価項目ごとに対策状況や内在するリスクを5段階で判定したシートや、サマリなどを提供する。

(Security NEXT - 2020/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御