Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大

神戸大学は、大学院における推薦入試事前審査の合否結果を申請者へメールで通知した際、誤って無関係の他申請者に関する合否情報が漏洩したことを明らかにした。

同大によれば、2021年度海事科学研究科博士課程前期課程の推薦入試事前審査において、国外に居住する申請者5人に対して、5月22日にメールによる通知を行ったところ、一部でミスが発生したもの。

入試事前審査の結果としてパスワード付きPDFファイルとパスワードを記載した2通のメールを送信したが、申請者1人に対して全合格者37人分の氏名、審査番号、審査結果を含むメールを送信。また別の申請者1人には、全不合格者17人分の氏名や審査番号、審査結果を含むメールを送ってしまったという。

これまで審査結果は郵送で通知していたが、新型コロナウイルス感染症拡大を受けて国際郵便が滞っていたことから、今回は国外に居住する申請者に対して、メールにより通知を行ったという。

同大では誤って送信した2人に対し連絡を取り、問題のメールについて削除するよう依頼。また事前審査申請者に対し、事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市