Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大

神戸大学は、大学院における推薦入試事前審査の合否結果を申請者へメールで通知した際、誤って無関係の他申請者に関する合否情報が漏洩したことを明らかにした。

同大によれば、2021年度海事科学研究科博士課程前期課程の推薦入試事前審査において、国外に居住する申請者5人に対して、5月22日にメールによる通知を行ったところ、一部でミスが発生したもの。

入試事前審査の結果としてパスワード付きPDFファイルとパスワードを記載した2通のメールを送信したが、申請者1人に対して全合格者37人分の氏名、審査番号、審査結果を含むメールを送信。また別の申請者1人には、全不合格者17人分の氏名や審査番号、審査結果を含むメールを送ってしまったという。

これまで審査結果は郵送で通知していたが、新型コロナウイルス感染症拡大を受けて国際郵便が滞っていたことから、今回は国外に居住する申請者に対して、メールにより通知を行ったという。

同大では誤って送信した2人に対し連絡を取り、問題のメールについて削除するよう依頼。また事前審査申請者に対し、事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
研修会申込者1人のメアドを全申込者へ誤送信 - 東京都