Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者

ふるさと納税の受け付けや返礼品の発注業務を自治体より受託しているフューチャーリンクネットワークは、大阪府門真市の寄付者に関する個人情報を、操作ミスにより関係ない事業者にファックスで送信したことを明らかにした。

同社によれば、7月1日15時前、門真市外の返礼品提供事業者1社にファックスで書類を送信した際、誤って門真市へのふるさと納税で返礼品を申し込んだ寄付者122人分の個人情報が含まれる資料を誤って送信したもの。

ファックスで送信された資料には、2019年10月1日から2020年6月30日までに申し込んだ寄付者の氏名、メールアドレス、申し込み媒体、申込日、入金日、支払い方法、および返礼品届け先の氏名、住所、電話番号などが含まれる。

パソコンからインターネットを通じてファックスを送信したが、送信するファイルを取り違えたという。ファックスを受信した事業者が誤りに気づき、同社へ連絡。同社では、誤送信したファックス用紙の破棄と、機器に残っているデータの削除を依頼し、受信企業側で破棄と削除を行ったという。

(Security NEXT - 2020/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市