Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画

ウェブサイトを閲覧している際に、「マルウェアに感染した」「iPhoneが当選した」などとだまし、金銭や個人情報をだまし取る詐欺が発生しているとして、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、手口を紹介する動画を公開し、注意を呼びかけている。

いわゆる「サポート詐欺」は、実際には端末上で不具合など発生していないにも関わらず、ブラウザ上で「マルウェアへ感染した」などと偽の「警告画面」を表示したり、音声を流す手口。不安を煽って画面上の「サポート」を称する電話番号に電話をかけさせ、外部から遠隔操作が可能となるソフトをインストールさせたり、サービスの契約、製品の購入などを迫る。

また「iPhone」をはじめ、商品の当選やプレゼントなどを装い、アンケートや送付先などと称して個人情報を詐取するケースも発生している。

いずれも従来より見られる手口だが、被害があとを絶たないことから、注意喚起を実施した。YouTubeにて公開した動画では実際に詐欺サイトがどのように動作するのか、具体的に紹介している。

同センターは、警告画面や当選画面が突然表示されても慌てず、ブラウザを閉じたりパソコンを再起動するなどの対応を行うよう求めている。


JC3によるサポート詐欺の手口紹介動画(動画:YouTube)

JC3によるiPhone当選詐欺の手口紹介動画(動画:YouTube)

(Security NEXT - 2020/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装