Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも

アクセス履歴の分析やフォレンジック調査を行ったところ、188社の顧客に影響があり、同社では関係する顧客に対して事情を説明している。いずれも個人向けサービスの顧客情報は含まれていないとしている。

同社は今回の問題を受け、BYOD端末とシンクライアント専用端末のリモートアクセス環境を停止。全従業員のパスワードを変更した。あわせてリモートアクセス時の認証や監視の強化を実施している。

また再発防止に向けて、攻撃者の振る舞いを可視化する「UEBA(User and Entity Behavior Analytics)」や「EDR」の導入をはじめ、セキュリティ対策の強化に取り組むと説明。内部ファイルサーバにおける情報管理ポリシーの徹底、レッドチームによる検証など実施していく。

(Security NEXT - 2020/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼