Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも

NTTコミュニケーションズが不正アクセスを受けた問題で、調査によりあらたな情報流出が判明した。BYODによるリモートアクセス経由でも不正アクセスを受けていたという。

同社では、「Bizホスティングエンタープライズ(BHE)」や「Enterprise Cloud1.0オプションサービス(ECL1.0)」の運用サーバやADサーバ、工事情報の管理サーバなどが不正アクセスを受け、サービスに関する工事情報621社分が外部へ流出した可能性があることが判明。5月28日に事態を公表するとともに、詳細を調べていた。

同社によると、その後の調査で当初発表していた612社に加え、83社に関する工事情報についても、外部へ流出している可能性があることが明らかになったという。

同社内部のファイルサーバに対する不正アクセスに関しても、一部ファイルが流出した可能性があり、顧客が影響を受けた可能性がある。

さらに調査を進める過程で、私物を業務へ持ち込むいわゆる「BYOD(Bring Your Own Device)」端末からも、VDIサーバ経由で一部社内のファイルサーバに対して不正アクセスが行われており、サーバ内部に保存されていたファイルを閲覧された可能性があることもわかった。

20200702_nc_001.jpg
不正アクセスの概要(図:NTTコミュニケーションズ)

(Security NEXT - 2020/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工