Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁

金融庁は、金融機関におけるセキュリティ対策の実態や課題を取りまとめた。一部大手や中小金融機関においてリスク認識や体制に問題も見られたという。

同庁では、2018年10月に改定された「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」に基づき、金融分野におけるセキュリティ対策状況の実態や共通する課題について、「金融分野のサイバーセキュリティレポート」として取りまとめたもの。

同庁は、金融分野におけるサイバーセキュリティの概況について、海外金融機関で情報漏洩やサービス停止につながる大規模なインシデントが近年発生していると指摘。

国内の金融機関で同様の大規模なインシデントは発生していないが、利用者を狙うフィッシング攻撃や不正ログイン、DDoS攻撃といった報告が多く寄せられているとの現状を示した。

これまでも金融機関に対して注意喚起を実施してきたが、あらたな脅威や脆弱性を迅速に把握、分析し、金融分野においてセキュリティ管理体制の強化を図る必要があると述べている。

(Security NEXT - 2020/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を