Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究

網屋と北海道大学は、ログによる不正アクセスの検知精度向上を目指し、機械学習を用いた「xFlow」や「ログ」の解析技術について共同研究を開始する。

網屋では、「ログ」を収集、分析する製品を開発しているが、同製品において不正アクセスの兆候を検知する機械学習機能の強化を目指して共同で研究を実施するもの。「xFlow」や「ログ」の解析において、あらたなアプローチを研究することで精度や活用範囲の向上を図りたいとしている。

またIoT分野におけるインシデント検知デバイスやSOC運用の自動化といったシステムのプロトタイプ開発など進める。

(Security NEXT - 2020/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中