Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究

網屋と北海道大学は、ログによる不正アクセスの検知精度向上を目指し、機械学習を用いた「xFlow」や「ログ」の解析技術について共同研究を開始する。

網屋では、「ログ」を収集、分析する製品を開発しているが、同製品において不正アクセスの兆候を検知する機械学習機能の強化を目指して共同で研究を実施するもの。「xFlow」や「ログ」の解析において、あらたなアプローチを研究することで精度や活用範囲の向上を図りたいとしている。

またIoT分野におけるインシデント検知デバイスやSOC運用の自動化といったシステムのプロトタイプ開発など進める。

(Security NEXT - 2020/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
「クラウドサービス提供における情報セキュリティGL」の第3版を公開 - 総務省
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に