Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究

網屋と北海道大学は、ログによる不正アクセスの検知精度向上を目指し、機械学習を用いた「xFlow」や「ログ」の解析技術について共同研究を開始する。

網屋では、「ログ」を収集、分析する製品を開発しているが、同製品において不正アクセスの兆候を検知する機械学習機能の強化を目指して共同で研究を実施するもの。「xFlow」や「ログ」の解析において、あらたなアプローチを研究することで精度や活用範囲の向上を図りたいとしている。

またIoT分野におけるインシデント検知デバイスやSOC運用の自動化といったシステムのプロトタイプ開発など進める。

(Security NEXT - 2020/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘