Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Tools for macOS」に脆弱性 - 特定環境のみ影響

VMwareが提供する「VMware Tools for macOS」にサービス拒否の脆弱性が明らかとなった。

ゲストOSよりサービス拒否を引き起こすことが可能となる脆弱性「CVE-2020-3972」が明らかとなったもの。ホスト、ゲストともにmacOSである場合にのみ影響があり、規定では無効となっている共有フォルダを有効化する必要があるなど、特定条件のもと影響を受けるという。

非公開で報告された脆弱性で、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のベーススコアは「3.3」、重要度は「低(Low)」とレーティングされている。

同社は、脆弱性を修正した「同11.1.1」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番