Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Tools for macOS」に脆弱性 - 特定環境のみ影響

VMwareが提供する「VMware Tools for macOS」にサービス拒否の脆弱性が明らかとなった。

ゲストOSよりサービス拒否を引き起こすことが可能となる脆弱性「CVE-2020-3972」が明らかとなったもの。ホスト、ゲストともにmacOSである場合にのみ影響があり、規定では無効となっている共有フォルダを有効化する必要があるなど、特定条件のもと影響を受けるという。

非公開で報告された脆弱性で、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のベーススコアは「3.3」、重要度は「低(Low)」とレーティングされている。

同社は、脆弱性を修正した「同11.1.1」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明