Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSSのシステム監視ツール「Pandora FMS」に深刻な脆弱性

システムやネットワークなどの稼働状況を監視できるソフトウェア「Pandora FMS」に深刻な脆弱性が明らかとなった。修正版がリリースされている。

仮想アプライアンスやDocker版に「OSコマンドインジェクション」をはじめ、アクセス制御の不備、任意のファイルがアップロード可能となる脆弱性、クロスサイトスクリプティング(XSS)など、複数の脆弱性が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行されたり、権限の昇格が生じるおそれがある。

なかでも「CVE-2020-13854」は、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」の共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」によるベーススコアが「9.8」、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同脆弱性は、「SSH」や「telnet」により接続するため、デフォルトでインストールされているプラグイン「Quick Shell」に存在。今回明らかとなった他脆弱性により事前にポートを開く必要があるが、root権限でコマンドを実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2020/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性