Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調

マルウェア対策アプリの利用状況を見ると、無料アプリが17.4%。前年の18.3%から微減となった。有料アプリは10.9%で、前年の10.3%から0.6ポイント増となった。

これら回答において、回答者の1割強が、スマートフォンを所有しておらず、従来携帯電話いわゆるフィーチャーフォンのみ所有している点に考慮する必要はあるが、いずれも3割に届かなかった。

「対策は特に行っていない」とする回答は減少傾向にあり、2014年は53.7%だったが、2020年には22.9%と30.8ポイント減となった。特にスマートフォン利用者に限ると16.8%まで縮小している。

一方でいわゆる従来の携帯電話であるフィーチャーフォンにおける未実施は57.3%にとどまり、スマートフォンと比較すると40.5ポイントの差がついたという。

(Security NEXT - 2020/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視