Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調

マルウェア対策アプリの利用状況を見ると、無料アプリが17.4%。前年の18.3%から微減となった。有料アプリは10.9%で、前年の10.3%から0.6ポイント増となった。

これら回答において、回答者の1割強が、スマートフォンを所有しておらず、従来携帯電話いわゆるフィーチャーフォンのみ所有している点に考慮する必要はあるが、いずれも3割に届かなかった。

「対策は特に行っていない」とする回答は減少傾向にあり、2014年は53.7%だったが、2020年には22.9%と30.8ポイント減となった。特にスマートフォン利用者に限ると16.8%まで縮小している。

一方でいわゆる従来の携帯電話であるフィーチャーフォンにおける未実施は57.3%にとどまり、スマートフォンと比較すると40.5ポイントの差がついたという。

(Security NEXT - 2020/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業