Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調

スマートフォンや携帯電話のセキュリティ対策の実施率は、5割弱だった2014年から、2020年には8割弱と大幅に改善した。スマートフォンにおいて画面ロックなどを中心に対策が進んでいる。

NTTドコモモバイル社会研究所が15歳から79歳の男女を対象にインターネットで調査を実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は2014年から2017年までが3000人前後、2018年以降は6000人から7000人弱。2020年は6362人が回答した。

セキュリティ対策を実施する割合は増加傾向が続いており、スマートフォンや携帯電話から個人情報が漏洩したり、悪用されないために77.1%が何かしらの対策を講じていた。

具体的な対策を見ると、もっとも実施率が高かったのは、パスワードや指紋認証などにより「画面ロックを利用している」で2020年は57.6%だった。26.7%だった2014年を大きく上回る。

2020年における他対策の実施状況を見ると、「提供元不明のアプリはダウンロードしない」が26.7%、「最新のOSにアップデートする」が26.4%、「他人から見られないようにする」が18.4%だった。いずれも年々増加している。

(Security NEXT - 2020/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ