Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート

総務省、内閣官房、経済産業省は、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」の運用を開始した。

同制度は、情報セキュリティ監査の枠組みを活用した評価プロセスに基づき、同制度で定められた基準に基づいたセキュリティ対策を実施しているクラウドサービスを、サービスリストに登録、公表するもの。政府機関によるクラウドサービスの調達について効率化を図る。

5月25日に有識者と内閣官房、総務省、経済産業省を構成員としたISMAP運営委員会を設置。同月26日に第1回ISMAP運営委員会を開催し、制度に関する各種規程などを決定し、運用を開始した。

同制度において監査を行う監査機関についても、同制度で定める要求事項を満たすことを確認した上で監査機関リストに登録する。

また今回の制度運用開始に先立ち、3月27日から実施していた「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)における 各種基準(案)」に対する意見募集の結果も公表し、39件の意見が寄せられたことを明らかにした。

(Security NEXT - 2020/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話