Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス

セミナーや書籍などを手がける経団連グループの経団連事業サービスは、ウェブサイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同法人によれば、不正アクセスによりプログラムが改ざんされ、セミナーや書籍の申込者情報が流出した可能性があるもの。

委託先のサイト管理会社が、5月21日に改ざんされたファイルを発見。セミナーや書籍の申込者が情報を入力すると、攻撃者が指定したファイルに書き込むようにプログラムが書き換えられており、作成したファイルへ外部からアクセスした痕跡が見つかったという。

今回の不正アクセスで、1月21日から5月3日までに扱った情報が流出した可能性があり、対象となる個人情報の特定を進めているが、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、組織名、所属、役職など含む申込者約500件が被害にあった可能性がある。

攻撃を受けたウェブサーバは、5月27日20時に利用を停止した。対象となる申込者には、謝罪などの対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
スキンケア用ソルトのオンラインショップに不正アクセス