Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ

主要DNSサーバに高増幅率のリフレクション攻撃が可能となる攻撃手法「NXNSAttack」が明らかとなった。各開発者は脆弱性へ対処したアップデートをリリースしている。

多くのリゾルバにおいて、委任応答に対する処理が適切に制限されていない脆弱性が明らかとなったもの。テルアビブ大学の研究者が論文を発表し、攻撃手法を「NXNSAttack」と命名している。

研究者の論文によれば、脆弱なリゾルバは、高い増幅率を持ったリフレクション攻撃の踏み台として悪用されるおそれがあり、増幅率は1620倍以上とされている。

これまでもランダムなサブドメインの解決をリゾルバへリクエストし、権威DNSサーバに対して大量のアクセスを発生させる「DNS水責め攻撃(ランダムサブドメイン攻撃)」が知られているが、今回明らかとなった「NXNSAttack」攻撃では、権威DNSサーバが応答する委任情報を悪用することで、大量のアクセスを発生させる。

具体的に攻撃手法を見ると、攻撃者は、攻撃者が用意した権威DNSサーバへ問い合わせが生じるよう、クライアントよりリゾルバへリクエストを送信。リゾルバが攻撃者の権威DNSサーバへ問い合わせると、悪意ある細工された委任情報が返される。

委任情報には、攻撃対象となるドメインの大量のサブドメインを含み、処理の制限が行われていない脆弱なリゾルバでは、これら委任情報の処理が発生。リゾルバ自身の処理の負荷が生じる上、委任先とされたドメインを管理する正規の権威DNSサーバと大量の通信が発生する。

(Security NEXT - 2020/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」に5件の脆弱性 - 一部脆弱性は公開済み
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件