Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市

茨城県取手市は、政府が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」に関連し、住民に送付した支給決定通知書に記載ミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、5月2日から7日にかけて行われたオンライン申請に対し、特別定額給付金支給決定通知書862件を5月15日に発送したところ、一部で記載ミスがあったという。5月16日に通知を受けた住民からの連絡で問題が判明した。

委託先における表計算ソフトの操作ミスで、21世帯56人分について対象者本人とは異なる第三者の振込先金融機関名、支店名、口座番号が記載されていた。ただし、口座番号は先頭3桁のみで以降は文字が伏せられていたとしている。

同市では、対象者宅を訪問し、謝罪するとともに正しい記載の決定通知書と差し替えた。今回の誤記載により、給付金の入金手続きにおいて、振込の遅れや金額の変更など支障はなかったという。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を