Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に

新潟県の新型コロナウイルス軽症者宿泊療養施設で、個人情報が流出する事故があった。

新潟市内にある同施設で、療養者が利用する共用タブレット上にデータが残存。氏名、生年月日、性別、保険者情報、事業所情報、被保険者番号など含む保険証の情報が他利用者から閲覧できる状態だったことが5月13日に利用者の申し出によって判明したもの。

オンライン診療の担当医は輪番制となっており、療養者は担当医が代わるごとに健康保険証の写真データを共用タブレットから送信する必要があったが、療養者3人が使用した端末においてデータが削除されておらず、2人分のデータが残存していた。

同県では、あらかじめ療養者に対して写真撮影後にデータを削除するよう依頼していたという。

同県では、問題のデータについてタブレットから削除。健康保険証の情報について伝える方法を変更する。

(Security NEXT - 2020/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を