Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に

新潟県の新型コロナウイルス軽症者宿泊療養施設で、個人情報が流出する事故があった。

新潟市内にある同施設で、療養者が利用する共用タブレット上にデータが残存。氏名、生年月日、性別、保険者情報、事業所情報、被保険者番号など含む保険証の情報が他利用者から閲覧できる状態だったことが5月13日に利用者の申し出によって判明したもの。

オンライン診療の担当医は輪番制となっており、療養者は担当医が代わるごとに健康保険証の写真データを共用タブレットから送信する必要があったが、療養者3人が使用した端末においてデータが削除されておらず、2人分のデータが残存していた。

同県では、あらかじめ療養者に対して写真撮影後にデータを削除するよう依頼していたという。

同県では、問題のデータについてタブレットから削除。健康保険証の情報について伝える方法を変更する。

(Security NEXT - 2020/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
ワクチン接種予約に便乗するフィッシングに注意 - どさくさまぎれにクレカ情報を要求
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
新型コロナ対応融資を行う金融機関宛てのメールで誤送信 - 山口県