Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス

マクニカネットワークスは、テレワークの増加を受けて、重要インフラ事業者向けに期間限定で在宅環境で利用する端末のリスク評価サービスを無償で提供する。

同サービスは、テレワークで利用する端末のセキュリティリスクを評価する期間限定の無償サービス。

テレワーク端末にグローバルIPアドレスが割り振られ、インターネット上へ意図せず公開されていないか確認。さらにブラウザやプラグイン、オンライン会議ツールなど、脆弱性が含まれていないか確認する。

またテレワーク開始後に侵害されている可能性も考慮し、端末内の痕跡なども含め、マルウェアの感染状況をチェックする。

サービスの提供にあたっては、台湾のTeamT5が開発したインストール不要のソフトウェア「ThreatSonar」を活用。実行ファイルによって端末内をスキャンし、解析結果を5から10営業日を目安にメールで提供する。

対象企業は重要インフラ14分野の事業者で、サプライチェーン企業は含まれない。1企業あたり最大で500台まで無償で対応し、500台以上の場合は相談となる。申し込みは5月29日までだが、上限となる30社に達した時点で受け付けを終了する予定。

(Security NEXT - 2020/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化