Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議システムやルータへの脆弱性攻撃を国内で観測 - 警察庁

ビデオ会議などの機能を提供するGrandstream Networks製のIP-PBXやDrayTek製ルータに深刻な脆弱性が見つかった問題で、実際に悪用しようと試みるアクセスが国内で観測されている。

Grandstreamの「UCM6200シリーズ」では、認証を必要とすることなく、root権限でコマンドの実行が可能となるSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2020-5722」など複数の脆弱性が判明し、すでに「実証コード(PoC)」が公開されている。

警察庁によれば、同庁が設置するセンサーにおいて、3月30日ごろより同脆弱性を悪用したアクセスの増加を観測。機器へバックドアをダウンロードさせる攻撃だったという。

攻撃元のIPアドレスを調べたところ、ルータのログイン画面が表示される状態で、すでに乗っ取られた機器が踏み台として悪用されたものと見られる。

20200430_np_001.jpg
脆弱性「CVE-2020-5722」の悪用を試みたアクセスの推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ