Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議システムやルータへの脆弱性攻撃を国内で観測 - 警察庁

ビデオ会議などの機能を提供するGrandstream Networks製のIP-PBXやDrayTek製ルータに深刻な脆弱性が見つかった問題で、実際に悪用しようと試みるアクセスが国内で観測されている。

Grandstreamの「UCM6200シリーズ」では、認証を必要とすることなく、root権限でコマンドの実行が可能となるSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2020-5722」など複数の脆弱性が判明し、すでに「実証コード(PoC)」が公開されている。

警察庁によれば、同庁が設置するセンサーにおいて、3月30日ごろより同脆弱性を悪用したアクセスの増加を観測。機器へバックドアをダウンロードさせる攻撃だったという。

攻撃元のIPアドレスを調べたところ、ルータのログイン画面が表示される状態で、すでに乗っ取られた機器が踏み台として悪用されたものと見られる。

20200430_np_001.jpg
脆弱性「CVE-2020-5722」の悪用を試みたアクセスの推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明