Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GnuTLS」の「DTLS」プロトコル実装に脆弱性

「GnuTLS」において「DTLSプロトコル」の実装に脆弱性が存在していることが明らかとなった。アップデートがリリースされている。

ネゴシエーション時に十分なランダム化が行われていない脆弱性「CVE-2020-11501」が存在し、セキュアな暗号化通信が行えないことが明らかとなったもの。脆弱性は、2018年7月にリリースされた「同3.6.3」以降に存在するという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.4」。重要度は「高(High)」とレーティングされている。

開発チームは、脆弱性へ対処した「同3.6.13」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開