Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定

Box Japanは、同社クラウドストレージサービス「Box」に、マルウェアの自動検知機能を追加し、4月30日より提供開始する。

セキュリティポリシーの違反など、保存されたファイルに対する異常なアクセスやダウンロードを検知し、アラートを出すセキュリティ機能「Box Shield」に新機能を追加したもの。

クラウドストレージ内でマルウェアを検知すると、セキュリティ担当者や利用者に通知。悪意あるファイルのダウンロードや共有を自動的に制限し、他利用者やデバイスへの拡散を防止する。

さらに同社は、2020年前半より提供することを目標に、Mimecastとの機能統合を進めていると説明。保存されたファイルの即時スキャン、静的分析やサンドボックスを用いた脅威の検出などの機能を実装する予定。

(Security NEXT - 2020/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム