Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定

情報通信研究機構(NICT)は、4月1日より人材育成プログラム「SecHack365 2020」の受講生について募集を開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で現在延期している。

同プログラムは、人材の創出に向けて若年層を対象にセキュリティ関連技術の研究、開発、実験、発表を1年間継続し、モノづくりをする機会を提供する長期ハッカソン。25歳以下の学生や社会人を対象に2017年度より実施している。

2020年度の受講生は、4月1日より募集を開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現在延期となっている。

今後の予定については4月15日ごろ、同プログラムのウェブサイトで公表する予定。応募課題の参考をはじめ、募集に関する情報なども発信していくとしている。

(Security NEXT - 2020/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
「情報セキュリティマネジメント試験」が通年試験に - 試験時間も短縮
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
新型コロナ検査キットに脆弱性 - 検査結果が改ざん可能に