Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定

情報通信研究機構(NICT)は、4月1日より人材育成プログラム「SecHack365 2020」の受講生について募集を開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で現在延期している。

同プログラムは、人材の創出に向けて若年層を対象にセキュリティ関連技術の研究、開発、実験、発表を1年間継続し、モノづくりをする機会を提供する長期ハッカソン。25歳以下の学生や社会人を対象に2017年度より実施している。

2020年度の受講生は、4月1日より募集を開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現在延期となっている。

今後の予定については4月15日ごろ、同プログラムのウェブサイトで公表する予定。応募課題の参考をはじめ、募集に関する情報なども発信していくとしている。

(Security NEXT - 2020/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市