Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生が個人情報含むクラス表をSNS投稿

植草学園大学は、学生の個人情報がTwitter上に投稿されたことを明らかにした。

同大によれば、4月6日に発達教育学部の学生が、学生用ポータルサイトで発表された授業クラス配当表をスクリーンショットとして撮影。自身のTwitterに投稿したという。

配当表には同大の1年生の氏名と学籍番号が記載されていた。同大では同月8日に事態を把握。学生に削除を求め、現在は削除されているという。

同大は関係者へ謝罪するとともに、SNSへ書き込む際は、責任を持って慎重に行動するよう学生に注意喚起を行った。

(Security NEXT - 2020/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
中高生向けアプリ「ゴルスタ」、利用者の個人情報をツイート
「comico」で一部ユーザー情報が誤表示される不具合 - サービス開始時から
comico、公式Twitterアカウントの投稿画像に個人情報
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず