Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社

人材派遣事業を手がけるグロスは、ウェブサイトのリニューアルキャンペーンにおいて、応募者の個人情報が閲覧できる状態になっていたことを明らかにした。

同社によれば、同キャンペーンの申し込み後に表示される応募完了ページから、応募概要集計のページへアクセスできるリンクが表示され、ボタンをクリックすることにより、応募者の個人情報が閲覧できる状態になっていた。3月17日に応募者からの指摘があり、問題が判明した。

閲覧可能だったのは、応募者40人の氏名、住所、メールアドレスなどで、同社では、対象となる応募者に対しメールで報告と謝罪を行っている。

また同社は同キャンペーンに関連し、SNSにおいて同社を装った偽アカウントから当選連絡が行われるケースが発生しているとして注意を喚起した。
「Instagram」や「Twitter」におけるダイレクトメッセージ(DM)を用いた当選通知は行わないとして、フォローやURLをクリックせず、ブロックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
アンケートフォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 守口市
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
市立高校で模試の結果データを生徒に誤送信 - 函館市