Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も

テレワークに対して約5割が賛成と捉えており、緊急時に限っては約7割が賛成と考えているとの調査結果が発表された。一方、テレワークの環境を用意できないとの声も聞かれる。

ジャストシステムが、3月23日から3月27日にかけて意識調査をインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。20歳から59歳までの会社員1065人が回答した。なお、同社の調査では「テレワーク」との用語は用いず、「リモートワーク」と表記で調査を実施している。

回答者の21.0%がテレワークを経験。なかでも「マスコミ、広告、デザイン」が50.0%ともっとも割合が高かった。

「環境、エネルギー(41.7%)」「IT、通信、インターネット(37.3%)」が続いた。50.3%がテレワークに「賛成」と回答。緊急時におけるテレワークに関しては、69.3%が「賛成」と回答している。

(Security NEXT - 2020/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化