Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も

テレワークに対して約5割が賛成と捉えており、緊急時に限っては約7割が賛成と考えているとの調査結果が発表された。一方、テレワークの環境を用意できないとの声も聞かれる。

ジャストシステムが、3月23日から3月27日にかけて意識調査をインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。20歳から59歳までの会社員1065人が回答した。なお、同社の調査では「テレワーク」との用語は用いず、「リモートワーク」と表記で調査を実施している。

回答者の21.0%がテレワークを経験。なかでも「マスコミ、広告、デザイン」が50.0%ともっとも割合が高かった。

「環境、エネルギー(41.7%)」「IT、通信、インターネット(37.3%)」が続いた。50.3%がテレワークに「賛成」と回答。緊急時におけるテレワークに関しては、69.3%が「賛成」と回答している。

(Security NEXT - 2020/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工