Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了

オージス総研は、1月にアナウンスしていたとおり、ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」のサービスについて3月末をもって終了した。

同社は特設サイトを設置し、退会申請やポイント交換などを受け付けていたが、これらもあわせて終了した。別のシステムで運営されているビジネスユーザー向けの「オフィス宅ふぁいる便」についてはサービスを継続していく。

今回サービスが終了した「宅ふぁいる便」では、2019年1月に一部サーバが脆弱性を突かれる不正アクセスを受けたことが発覚。約481万件の個人情報が流出したことが判明した。

同社ではサービスを停止。サービスの再開を模索したものの、システムの再構築などコストを理由に、サービスの終了を1月に発表していた。

(Security NEXT - 2020/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ハムなど扱う食品サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市