Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了

オージス総研は、1月にアナウンスしていたとおり、ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」のサービスについて3月末をもって終了した。

同社は特設サイトを設置し、退会申請やポイント交換などを受け付けていたが、これらもあわせて終了した。別のシステムで運営されているビジネスユーザー向けの「オフィス宅ふぁいる便」についてはサービスを継続していく。

今回サービスが終了した「宅ふぁいる便」では、2019年1月に一部サーバが脆弱性を突かれる不正アクセスを受けたことが発覚。約481万件の個人情報が流出したことが判明した。

同社ではサービスを停止。サービスの再開を模索したものの、システムの再構築などコストを理由に、サービスの終了を1月に発表していた。

(Security NEXT - 2020/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
鍼灸や医療など複数運営通販サイトで情報流出 - メイプル
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE