Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも

情報処理推進機構(IPA)は、「インターネット安全教室」向けの教材を提供開始した。あわせて指導者用のeラーニングコンテンツも公開している。

教育機関における授業やセミナー、研修、インターネット安全教室など、セキュリティや情報モラルの教育目的で活用できる教材を公開したもの。従来より試行版として提供してきたが、あらためて「正式版」としてリリースした。

教材は同機構のウェブサイトよりダウンロードすることが可能。利用規約に同意し、アンケートに回答するとファイルを開くためのパスワードが提供される。

また同機構では、指導者向けに知識の確認などに活用できる指導者向けのeラーニングコンテンツを公開した。基礎知識をはじめ、SNSやパスワード、不正ログイン、偽警告など6種類のテーマについて要点を把握できる。

同コンテンツは、アカウントを登録することなしに利用できるが、登録すると学習状況の確認や学習の中断、再開などが行えるという。

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める