Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト

トレーディングカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」を扱う通信販売サイトの従業員が、インターネット上に顧客情報を書き込んでいたことがわかった。

同サイトを運営する晴れる屋によれば、特定個人の取引履歴といった顧客情報を、同社従業員がTwitter上に書き込んでいたという。問題のツイートはすでに削除されている。

同社では情報を漏洩した従業員に対し、社内規定に従って適切な処分を行うと説明。スタッフに対してコンプライアンスを遵守するよう教育を実施するとしている。

(Security NEXT - 2020/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Twitterにイベント応募者の個人情報含む写真を投稿 - 大阪市立科学館
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
学生が個人情報含むクラス表をSNS投稿
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit