Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市

山形市は、職員が個人情報含む会計書類を自宅へ持ち帰り、一部が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、同市消防本部総務課の職員が、2019年9月ごろより事務処理の遅れを隠すため、会計関係書類など132件を不正に自宅へ持ち帰っていたもの。2018年以前に所属した部署の書類もあった。

物品などや光熱水費の会計処理で使用する伝票や、業者からの請求書などの会計関連書類で氏名や口座番号などの個人情報が含まれる。

また10件については所在がわからず、25件については、支払処理などが適切に行われず、複数業者への支払いで2週間から6カ月の遅れが生じた。

今回の問題を受け同市では、同職員を3月27日付で減給2カ月の懲戒処分を実施。管理監督者についても口頭で厳重注意を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町