Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意

「Apache Tomcat」に脆弱性「CVE-2020-1938」が明らかとなった問題で、脆弱性を狙ったアクセスが観測されている。

問題の「CVE-2020-1938」は、「Apache JServ Protocol(AJP)」の処理に起因する脆弱性。悪用されるとリモートよりコードを実行されたり、情報が漏洩するおそれがある。

2月11日から2月14日にかけてアップデートがリリース。その後2月24日に開発チームから脆弱性に関する情報が公開された。

2月21日の時点ですでに脆弱性の実証コード(PoC)が公開されており、警察庁によると同日に「AJP」で利用するTCP 8009番ポートに対するアクセスの急増を観測したという。

脆弱性を利用して本来アクセスできないファイルへアクセスを試みたもので、同日以降、脆弱性スキャンツールによるアクセスのほか、PoCを用いたアクセスなどを観測している。

同様の傾向は、インターネットイニシアティブ(IIJ)でも観測。同社においても2月21日以降のアクセス増加を観測しており、PoCの公開が影響したものと分析している。

20200325_np_001.jpg
警察庁が観測したTCP 8009番ポートへのアクセス件数(グラフ:警察庁)
20200325_ii_001.jpg
IIJが観測したTCP 8009番ポートへのアクセス件数(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2020/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ