Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を

マイクロソフトは、フォントの表示などに用いる「Adobe Type Manager(ATM)」ライブラリに未修正の脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。「Windows 10」はもちろん、1月にサポートが終了した「Windows 7」なども影響を受けるという。

同社によれば、「Windows」の「Adobe Type 1フォント」に対するパース処理に問題があり、リモートよりコードを実行されるおそれがある未修正の脆弱性が2件存在するという。細工されたドキュメントを開いたり、プレビュー表示すると悪用されるおそれがある。

同社は「限定的」としつつも、すでに標的型攻撃を認識しており、修正に向けた作業を進めていると説明。月例セキュリティ更新による修正の可能性を示し、対策の実施を呼びかけている。

具体的な回避策として、「OTFフォント」が自動的に表示されることを防ぐため、「Windowsエクスプローラー」におけるプレビューウィンドウと詳細ウィンドウの無効化する方法を紹介している。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア