Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を

さらにライブラリ「atmfd.dll」の無効化や、外部からの攻撃経路となりやすい「WebDAV」の要求が転送されることを防ぐ「WebClientサービス」の無効化などを回避策として挙げた。

またサポート中の「Windows 10」であれば、攻撃が成功した場合もサンドボックス「AppContainer」内の権限による実行となり、影響を緩和できるとしている。

今回の脆弱性は、1月にサポートが終了した「Windows 7」「Windows Server 2008」も影響を受ける。同社では「延長セキュリティ更新プログラム(ESU)」のライセンス契約者に対しては更新プログラムを用意する予定。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SNDS製パブリックディスプレイに複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「VMware vCenter Server」にRCE脆弱性、すでに悪用済み - 探索行為も
Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起