Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも

一方ロシア政府の支援を受ける「TEMP.Armageddon」は、コロナウイルスに関連する正規文書より作成したファイルを用いてウクライナの組織に標的型攻撃メールを展開したという。

さらに北朝鮮の攻撃グループは、韓国のNGOに対して標的型攻撃メールを送りつけていた。ファイア・アイは、詳細について調査中としているが、以前に観測された北朝鮮関連の活動と類似点が見られるとしている。

また金銭を目的とした犯罪組織による攻撃でも、新型コロナウイルスの話題が用いられていると同社は指摘。

フィッシングメールなどによるアカウント情報の窃取や、「Trickbot」をはじめとするマルウェアの拡散などが行われているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
2021年度春期の登録セキスペ試験、2306人が合格 - 合格率21.2%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス