Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大

専修大学は、ガイダンスの中止を案内するメールで送信があり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、3月12日に送信したガイダンスの中止を案内するメールにおいて、送信ミスが発生したもの。メールアドレス72件が受信者間で閲覧できる状態となった。

送信の直後にミスへ気が付き、対象者へメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
委託先でメール誤送信、メルマガ登録者のメアド流出 - 香川県
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府
メール誤送信で採用試験受験申込者のメアド流出 - 鹿児島市消防局
認知症高齢者の発見協力者を登録ミス、第三者にメール送信 - 大阪市
中学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - つくばみらい市
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市