Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に

「Microsoft Exchange Server」に明らかとなった既知の脆弱性を狙う攻撃が確認されているとして米政府やセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

攻撃が報告されているのは、マイクロソフトが2月に公開した月例セキュリティ更新で修正された「Exchange Server」の脆弱性「CVE-2020-0688」。

コントロールパネルへアクセスするために共通の検証キーを利用していることが明らかとなったもので、メールボックスを持つ認証済みのユーザーであれば、脆弱性を悪用することでリモートよりコードを実行することが可能となる。

脆弱性は、更新プログラムのリリース後にZero Day Initiativeが脆弱性の詳細を公開。さらに脆弱性検証ツール「Metasploit」向けのモジュールも公開されている。

(Security NEXT - 2020/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正