Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起

なりすましメッセージの本文では、公式サイトに似せたURLなどを用いてフィッシングサイトへ誘導。アカウント情報をはじめ、個人情報を詐取したり、アプリをインストールさせようとしていた。

また料金の支払いが滞っているなどとだまし、折り返し電話するよう求めるケースもある。こうした手口では、「緊急」や「重要」「本文中」など危機感を煽る文言が含まれているケースも多い。

同社は、SMSを受信した際、本文に記載されたURLをクリックしたり、電話番号への発信、SMSへの返信には細心の注意を払うよう利用者へ求めた。

また送信元のなりすましには、海外事業者から送信された国際SMSが利用されているケースが多いとして、同社は対策のひとつに「海外電話番号メールの拒否」の設定を挙げた。ただし、正規サービスの2段階認証でSMSを利用しているケースもあり、海外より送信されている場合は受信できなくなるおそれがあるため、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
米CISA、ランサム「ALPHV」に注意喚起 - 「ノーウェアランサム」の手口も
「三菱UFJ銀行」を装うSMSに注意 - 偽サイトに誘導
3Qのセキュ相談、前四半期比約27%減 - 「不正ログイン」は過去最多
ネットバンク不正送金被害、上半期だけで前年の約2倍に
2Qのセキュ相談、前四半期比約12%増 - 「偽警告」過去最多
「ChatGPT」人気に便乗、悪意ある「Androidアプリ」に警戒を
「水道料金滞納」「給水停止」と不安煽る水道局装うSMS
狙われるネットバンク利用者 - 銀行装うメールやSMSに警戒を