Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で

JR東日本が提供する「えきねっと」がパスワードリスト攻撃を受け、一部登録会員がログインを許し、個人情報を閲覧されたことがわかった。

同社によると、3月2日17時半ごろから翌3日12時過ぎにかけて、海外の特定IPアドレスより「えきねっと」のスマートフォンアプリ経由で、利用者本人以外の第三者によるログインの試行が行われたという。

今回の不正アクセスにより、会員3729件のアカウントがログインを許した。そのうち13件については、会員情報を含むページへアクセスがあり、氏名や住所、電話番号、クレジットカードの下4桁など、個人情報を閲覧された可能性がある。

同社は今回の攻撃について、同社以外で取得したアカウント情報を利用したパスワードリスト攻撃であるとし、同社からの情報流出については否定した。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ