Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に

2019年第4四半期は、オンラインバンキングにおける不正送金被害が急増し、被害額は11億円超へと急拡大した。

全国銀行協会が、会員193行を対象に同四半期におけるオンラインバンキングの不正送金被害の状況について調査したもの。預金者本人以外が不正に送金し、振込先から金銭が引き出されて被害者へ返還できなかったケースを集計した。

同四半期の不正送金による被害件数は864件。前四半期の501件から約1.7倍へと拡大。2019年に入り増加が目立っているが、特に同四半期は多く、比較的被害が落ち着きを見せていた前年同期と比較すると36倍の水準となる。

被害額ベースで見ても、前四半期の4億5300万円から約2.5倍となる11億4000万円に被害が拡大。はじめて10億円の大台を突破した。前年同期から44.3倍に増加している。

被害は個人に集中しており、同四半期に法人での被害は確認されなかった。補償状況を見ると、会員の金融機関が対応方針を決定した528件については、すべて対象になったという。

20200305_ze_001.jpg
オンライン場キングにおける不正送金の動向(グラフ:全銀協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害