Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「新型コロナ検査費用を肩代わり」とだますフィッシング

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、同省を装ったフィッシング詐欺の相談が寄せられているとして、注意喚起を行った。

同省によれば、費用を肩代わりするので新型コロナウイルスの検査を受けるよう求め、個人情報を聞き出す行為などが確認されているという。

同省からそのような連絡をすることはないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県