Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「新型コロナ検査費用を肩代わり」とだますフィッシング

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、同省を装ったフィッシング詐欺の相談が寄せられているとして、注意喚起を行った。

同省によれば、費用を肩代わりするので新型コロナウイルスの検査を受けるよう求め、個人情報を聞き出す行為などが確認されているという。

同省からそのような連絡をすることはないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都