Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「新型コロナ検査費用を肩代わり」とだますフィッシング

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、同省を装ったフィッシング詐欺の相談が寄せられているとして、注意喚起を行った。

同省によれば、費用を肩代わりするので新型コロナウイルスの検査を受けるよう求め、個人情報を聞き出す行為などが確認されているという。

同省からそのような連絡をすることはないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
医療機関向けの検査協力金案内メールで誤送信 - 大阪府
返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー