Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「新型コロナ検査費用を肩代わり」とだますフィッシング

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、同省を装ったフィッシング詐欺の相談が寄せられているとして、注意喚起を行った。

同省によれば、費用を肩代わりするので新型コロナウイルスの検査を受けるよう求め、個人情報を聞き出す行為などが確認されているという。

同省からそのような連絡をすることはないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も