Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新

Adobe Systemsは、「Adobe Media Encoder」や「Adobe After Effects」の深刻な脆弱性を解消するセキュリティアップデートを定例外で公開した。

同社によると、「Adobe After Effects 16.1.2」に域外のメモリへ書き込む脆弱性「CVE-2020-3765」が判明したもの。「Adobe Media Encoder 14.0」についても、域外のメモリへ書き込みが行われる「CVE-2020-3764」が明らかとなった。

いずれもWindows版に影響があり、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は脆弱性の修正を行った最新版「Adobe After Effects 17.0.3」および「Adobe Media Encoder 14.0.2」をWindowsおよびmacOS向けにリリース。適用優先度は3段階中もっとも低い「3」で、任意のタイミングでアップデートするよう求めている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性
「InDesign」「Adobe Framemaker」に複数の深刻な脆弱性 - 更新版リリース
Google、「Chrome 85」をリリース - 5件の脆弱性に対処
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性