Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新

Adobe Systemsは、「Adobe Media Encoder」や「Adobe After Effects」の深刻な脆弱性を解消するセキュリティアップデートを定例外で公開した。

同社によると、「Adobe After Effects 16.1.2」に域外のメモリへ書き込む脆弱性「CVE-2020-3765」が判明したもの。「Adobe Media Encoder 14.0」についても、域外のメモリへ書き込みが行われる「CVE-2020-3764」が明らかとなった。

いずれもWindows版に影響があり、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は脆弱性の修正を行った最新版「Adobe After Effects 17.0.3」および「Adobe Media Encoder 14.0.2」をWindowsおよびmacOS向けにリリース。適用優先度は3段階中もっとも低い「3」で、任意のタイミングでアップデートするよう求めている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも