Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超

宅配便業者の不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談が2018年以降2年間で2000件を超えた。2020年に入ってからも引き続き相談が寄せられているとして、情報処理推進機構(IPA)では、あらためて注意喚起を行っている。

宅配便の不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)を送り、悪意あるURLへ誘導する手口に関しては、2018年から2019年までの2年間にあわせて2159件の相談が同機構に寄せられた。

2018年7月に相談が急増し、増減を繰り返し、多い月には200件以上にもなったという。

2019年10月以降は100件以上で推移しており、直近となる2020年1月の時点でも112件と引き続き多くの相談が寄せられていることから、同機構では引き続き警戒するよう呼びかけている。

20200220_ip_001.jpg
宅配便業者を装うSMSの相談件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
さまざまな口実でで不安煽る「メルカリ」や「メルペイ」装うフィッシング
ドコモオンラインショップでギフトコードの不正購入被害 - 回線認証を逆手に
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
業務情報用いて私的SMSを送信、職員を停職処分 - 妙高市
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
JICA関係者をかたる詐欺メールに注意 - 金銭や個人情報を要求
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多