Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超

宅配便業者の不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談が2018年以降2年間で2000件を超えた。2020年に入ってからも引き続き相談が寄せられているとして、情報処理推進機構(IPA)では、あらためて注意喚起を行っている。

宅配便の不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)を送り、悪意あるURLへ誘導する手口に関しては、2018年から2019年までの2年間にあわせて2159件の相談が同機構に寄せられた。

2018年7月に相談が急増し、増減を繰り返し、多い月には200件以上にもなったという。

2019年10月以降は100件以上で推移しており、直近となる2020年1月の時点でも112件と引き続き多くの相談が寄せられていることから、同機構では引き続き警戒するよう呼びかけている。

20200220_ip_001.jpg
宅配便業者を装うSMSの相談件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG