Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表

ウェブルートは、同社が開催したセキュリティ啓発イベント「ウェブルート サイバーセキュリティあるある川柳」の入賞作品を決定した。

同イベントは、セキュリティに関する意識や理解の向上を目的に開催したもので、2019年9月24日から11月30日にかけて作品を募集していた。

大賞作品には、IoTにおけるセキュリティ対策の重要さを訴えたようじぇ氏の「ミライ(Mirai)へと つながるモノに 対策を」が選ばれた。優秀賞は三郎氏の「いいカモと 開いたメール サギだった」。

佳作に選出された6作品は以下のとおり。

・仮想でも サイバーテロで 実害に(松田少納言氏)
・釣り好きの 父が釣られた フィッシング(コタラフ氏)
・なんか変? 疑う気持ちが セキュリティ(ぷーちゃん氏)
・「当選」を 開けばウイルス 当たります(まっちゃん氏)
・誕生日 記念日みんな 危険な日(蒼介氏)
・パスワード 親父はすべて 「PASSWORD」(東洋の真珠氏)

(Security NEXT - 2020/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議賞で「プライバシーマーク」のキャッチフレーズがシルバー賞
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状