Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表

ウェブルートは、同社が開催したセキュリティ啓発イベント「ウェブルート サイバーセキュリティあるある川柳」の入賞作品を決定した。

同イベントは、セキュリティに関する意識や理解の向上を目的に開催したもので、2019年9月24日から11月30日にかけて作品を募集していた。

大賞作品には、IoTにおけるセキュリティ対策の重要さを訴えたようじぇ氏の「ミライ(Mirai)へと つながるモノに 対策を」が選ばれた。優秀賞は三郎氏の「いいカモと 開いたメール サギだった」。

佳作に選出された6作品は以下のとおり。

・仮想でも サイバーテロで 実害に(松田少納言氏)
・釣り好きの 父が釣られた フィッシング(コタラフ氏)
・なんか変? 疑う気持ちが セキュリティ(ぷーちゃん氏)
・「当選」を 開けばウイルス 当たります(まっちゃん氏)
・誕生日 記念日みんな 危険な日(蒼介氏)
・パスワード 親父はすべて 「PASSWORD」(東洋の真珠氏)

(Security NEXT - 2020/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
「サイバーセキュリティ月間」が開始、マクロスとタイアップ - 「おぼえていますか」と対策をアピール
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
宣伝会議賞で「プライバシーマーク」のキャッチフレーズがシルバー賞