Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社

「TwitCasting(ツイキャス)」などの動画配信サービスを展開するモイは、ユーザーの動画収益や広告などに関する管理ページが、外部より閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、動画収益情報や広告情報などの社内情報を管理するページが外部からアクセスできる状態となっていたもの。2月10日18時半ごろ、顧客からの指摘により判明した。

閲覧可能だったのは、動画収益機能を利用中のユーザーに関する識別番号や動画広告再生数、収益額、動画広告内容に関する情報、広告のインプレッション数、アクセスが行われたIPアドレスなど、管理ページに含まれる情報。

同社のシステムに脆弱性があり、特定の方法を用いることで、外部から閲覧可能な状態だった。同社では指摘を受けて、40分後に同ページへのアクセスを制限した。

同ページに対して外部から7件のアクセスがあったが、いずれも同一の顧客がシステムの脆弱性を報告するために行ったアクセスであることを確認したと同社は説明。閲覧に関するデータなどは破棄されているという。

(Security NEXT - 2020/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社