Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社

「TwitCasting(ツイキャス)」などの動画配信サービスを展開するモイは、ユーザーの動画収益や広告などに関する管理ページが、外部より閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、動画収益情報や広告情報などの社内情報を管理するページが外部からアクセスできる状態となっていたもの。2月10日18時半ごろ、顧客からの指摘により判明した。

閲覧可能だったのは、動画収益機能を利用中のユーザーに関する識別番号や動画広告再生数、収益額、動画広告内容に関する情報、広告のインプレッション数、アクセスが行われたIPアドレスなど、管理ページに含まれる情報。

同社のシステムに脆弱性があり、特定の方法を用いることで、外部から閲覧可能な状態だった。同社では指摘を受けて、40分後に同ページへのアクセスを制限した。

同ページに対して外部から7件のアクセスがあったが、いずれも同一の顧客がシステムの脆弱性を報告するために行ったアクセスであることを確認したと同社は説明。閲覧に関するデータなどは破棄されているという。

(Security NEXT - 2020/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違