Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ

Lenovoが提供するインフラ管理ソフトウェア「Lenovo XClarity Administrator(LXCA)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトウェアにおいて、ユーザー名やライセンスキー、IPアドレス、暗号化されたパスワードハッシュなど含む構成ファイルの情報へ認証なくアクセスが可能となる情報漏洩の脆弱性「CVE-2019-6193」が判明した。

さらにXML外部実体参照(XXE)の脆弱性「CVE-2019-6194」やクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2019-19757」が明らかとなっている。

共通脆弱性評価システムであるCVSSv3.1においてもっともスコアが高い「CVE-2019-6194」が「7.5」とされており、のこる2件についてはそれぞれ「5.7」「5.4」だった。

同社はパッチ全体について重要度を「中(Medium)」とレーティング。「同2.6.6」で脆弱性を修正したという。

(Security NEXT - 2020/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ